日広石材株式会社 サイトマップ
霊園・墓地を探す 永代供養墓 お墓の選び方・建て方 お墓のお引越し お墓・お墓参りについて
トップページ > お墓の選び方・建て方 > 墓地の種類
お墓の選び方・建て方
建立と供養について
お墓づくりのスケジュール
墓地の種類
墓地を選ぶポイント
墓石の種類
墓石のデザイン
お墓の装飾品
建墓ローン
お電話でのお問い合せは
0120-14-8825
または
042-358-1211
資料請求
  墓地の種類
  墓地を新規に探す場合、その対象は大きく分けて「公営墓地」「寺院墓地」「民営墓地」の3つです。それぞれ特徴があり、どれも一長一短です。どのタイプがいいか迷っている方は、簡単にそれぞれのメリット・デメリットをまとめましたので、お墓選びの参考にしてください。  
 
公営墓地
(霊園)
都道府県や市町村などの自治体が管理している墓地  
メリット ●自治体が運営しているため経営や管理がしっかりしている。
  ●宗旨・宗派を問われない。
  ●石材店を自由に選べる。
  ●永代使用料や管理費が比較的安価である。
  ●霊園の規模が大きいところが多い。
デメリット ●霊園のある自治体内に居住している事、遺骨がある事等、購入資格
    制限がある。
  ●購入の際に競争率が高く、抽選になることが多い。
  ●供養・法要の際は、自身で住職・神主・神父の手配を行う。
    (霊園に依頼することはできない)
  ●区画が選べない事が多い。
 
寺院墓地
寺院の境内の中にある墓地・寺院から離れた場所にある
開発型墓地
 
メリット ●比較的交通の便の良いところにある。
  ●寺院の檀家になることで手厚くお祀りすることができる。
デメリット ●宗旨宗派が問われ、基本的に寺院の檀家になる。
  ●区画の選択肢は少なく、設計の自由度も低い。
  ●石材店を自由に選べない場合が多い。
 
民営墓地
(霊園)
財団法人と宗教法人が経営母体となっている墓地  
メリット ●公営墓地のような購入資格制限がない。
  ●宗旨・宗派を問われない。
  ●施設が充実しているところが多い。
  ●自由に区画をえらべる。
  ●生前に購入できる。
デメリット ●霊園指定のお寺でないと法要等ができない場合もある。
  ●石材店を自由に選べない。
詳しい霊園情報はこちらから
  ■ お墓の選び方・建て方 ■
  建立と供養についてお墓づくりのスケジュール墓地の種類
  墓地を選ぶポイント墓石の種類墓石のデザインお墓の装飾品建墓ローン
トップ霊園・墓地を探す永代供養墓お墓の選び方・建て方お墓の引越しお墓・お墓参りについてサイトマップお問い合わせ会社案内個人情報 
Copyright (c) All right reserved 2008 / NIKKOSEKIZAI CO.,LTD.