日広石材株式会社 サイトマップ
霊園・墓地を探す 永代供養墓 お墓の選び方・建て方 お墓のお引越し お墓・お墓参りについて
トップページ > お墓・お墓参りについて > お盆とお彼岸
お墓・お墓参りについて
お盆とお彼岸
お墓参りのマナー
お墓の掃除と手入れ
寿陵(生前墓)
お墓のリフォーム
お墓のQ&A
お電話でのお問い合せは
0120-14-8825
または
042-358-1211
資料請求
《お盆について》

お盆とは、正式には「盂蘭盆会・うらぼんえ」と言い、一般的には7月13日から16日まで、または、8月13日から16日までの4日間がお盆の期間とされています。関東では、8月のお盆が多く、13日の夕方に迎え火を焚き先祖の霊を迎え、お盆の間は、家族や一族があつまり、ご先祖を供養し、亡くなられた人をしのぶ行事が行われます。16日の夕方、送り火を焚き、御先祖さまに帰っていただきます。

13日の朝、お位牌を仏壇から盆棚に移し、仏具・御霊膳・花・ナスとキュウリの牛と馬などを供えます。また、お迎え提灯やお供え物、花、線香、ローソクなどを準備し、お墓参りに行きます。

お墓では、線香をつけ、その火を提灯に移して持ち帰ります。この火が精霊だとも言われています。
最近では、電気式の盆提灯にして形式的に安全に済ませる事が多くなっています。
家に帰ったら、提灯の火を仏壇のろうそくに移します。
16日は送り盆と言われ、夕方になったら精霊を送る送り火を焚き、気持ちを込めてお送りします。

人が亡くなった後の四十九日後に初めて迎えるお盆を「新盆(ニイボン)」といい、親族や故人の友人
を招き僧侶に読経してもらい、精進料理でもてなします。
《お彼岸について》

お彼岸は、3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間ずつを合わせて7日間をお彼岸といいます。仏教行事でありながらインドや中国には同じような行事が見当たらなく、日本独特の仏教の行事であるといえます。その始まりははっきりしたこと
が分からりませんが、聖徳太子が企画構想したも
のであるという説もあります。
お彼岸には仏壇を丁寧に掃除し、家族揃ってお墓参りをして、本尊と先祖の供養をするのが習慣になっています。また、彼岸団子や、春ならぼたもち(牡丹餅)、秋ならばおはぎ(お萩)などを供えます。春と秋の彼岸の一週間に仏事を行うと、仏の功徳があるといわれています。

  ■ お墓・お墓参りについて ■
  お盆とお彼岸 |  お墓参りのマナー  |  お墓の掃除と手入れ | 寿陵(生前墓) 
  お墓のリフォーム |  お墓のQ&A  |
トップ霊園・墓地を探す永代供養墓お墓の選び方・建て方お墓の引越しお墓・お墓参りについてサイトマップお問い合わせ会社案内個人情報 
Copyright (c) All right reserved 2008 / NIKKOSEKIZAI CO.,LTD.